子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

【専門家に聞いた】脳疲労を回復させる意外な食べ物とは?

 

何かモヤモヤする、何かだるい、天気のせいでしょうか
そう思って病院の20代PT(理学療法士)に質問(←私は何でも聞いちゃう性格)

 

最近の研究で、

疲れたと感じるのは

 

エネルギー低下、筋肉疲労

 

だと思いきや


脳がサビつくから


らしいのです。

 

身体が疲れて疲れたと感じるのでなく

脳がサビついて疲れたと感じる。

脳のサビつきを取れば、疲労感も取れる。


ということで、脳の疲れ、脳疲労を回復改善する方法を紹介したいと思います。

 

脳疲労回復法

脳疲労を回復する方法は6種類

寝ること
伸ばすこと
話すこと
つかること
食べること
食べないこと

それぞれ解説していきます。

 

寝ること

脳疲労を回復する一番効果的な方法は寝ること。
理想は22時~2時に睡眠状態にあり、6~8時間睡眠

 

寝たら疲労回復。そりゃそうだ。

それができないから疲れるんですよね。

 

 

伸ばすこと

疲れているときに、激しい運動は、やはりおすすめできないそうです。

気分的には気持ち良いですけどね。

 

仕事などで脳が疲れている

汗をかくほどの運動

心拍数や体温上昇

脳が酷使される

疲労感倍増

 

運動するなら、汗をかかない程度に血流を促すヨガやストレッチが良いそうです。

 

つかること

f:id:ai4106:20180430130507j:plain

お風呂も脳のサビとりに良いそうです。

ぬるめのお風呂(38~40度のぬるめのお湯、つかるのは10分以内)

体温や脈拍が安定

脳や自律神経が整う

 

話すこと

f:id:ai4106:20180430130522j:plain

会話をすると脳のサビが取れるらしい。

仕事もひとりでもくもくとやるより、誰かと話しながらする方が脳が活性化し、疲れがたまらないそうです。

パソコンは通常ひとりでやるから疲れる、これはそうだなと強く感じますね。

あと、ひとり暮らしのお年寄りがボケやすいのはこんな理由かもしれないですね(^_^)

 

食べること

f:id:ai4106:20180430130544j:plain

疲労回復に鶏の胸肉が良いって聞いたことありませんか?

実はその疲労回復、脳の疲労もとるらしい。

 

鶏の胸肉に多く含まれる成分「イミダペプチド」は疲労回復効果が科学的に証明されているそうです。

 

目安は1日に鶏の胸肉100g、

 

また、ミカンやレモンなど酸っぱいものに含まれるクエン酸も、脳の疲労回復に役立つそうです。

 

食べないこと

疲れているとき、美味しいものを食べて元気出す。

お酒を飲んでリラックスする。

 

これでは実は脳疲労がとれないらしい。

普通の消化の良い食事が一番良いみたいですね。

 

まとめ

 

脳疲労をとる方法、何かできそうなことはありましたか?

私は睡眠時間を長くすることは無理だし、ぬるいお風呂も無理(苦手)、ストレッチも続かない。できそうなのは鶏の胸肉。あとクエン酸。

 

夕飯に胸肉のソテーとかチキン南蛮の登場回数を増やせばよいし、それにレモンかければいいし、子供も喜ぶし、最強だと思います。

f:id:ai4106:20180430130619j:plain