子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

致死率高すぎでしょ!全国に広がるマダニ感染症からから身を守る5つの対処法。動画もあります。

f:id:ai4106:20170530001712j:plain

こんにちは。ナースうさぎです。

今回はマダニの話。

 

先日、知り合いのおじいちゃんが山でマダニに噛まれました。その後気分が悪くなり2週間も入院していました。退院後はすっかり良くなってたけど、かなりの高熱で死ぬ思いをしたらしい。

 

私が勤める病院は自然豊かな田舎にあるので農作業など野外活動も多く、マダニに噛まれて受診する人がたくさんいます。毎年4月頃から10月くらいまででしょうかね。

 

というわけで、今回はどこにでもいる殺人ダニに噛まれた時にするべき対処法をまとめました。

 

目次

 

 

マダニとは?

f:id:ai4106:20170530001817j:plain

草むらや森などに住むダニです。家の中にいるダニとは違う種類です。葉のウラなどに隠れていて、それに触れた人や動物に寄生し血を吸います(痛みが無いので気づかない)。

 

どんなマダニが怖いの?

「マダニ」とよばれるダニの中に、SFTSウイルスをもったダニがいます(全体の数%)。これに刺されると高齢者を中心に病気が重症化しやすいので注意が必要です。

 

なぜSFTSウイルスが怖いの?

SFTSというウイルスに感染すると、一部の人で重症熱性血小板減少症候群という病気が発症することがあります。その病気は重症化しやすく、致死率も高いので、注意が必要です。

 

SFTSに感染した時の致死率は?

マダニに噛まれ、SFTSに感染し、重症熱性血小板減少症候群という病気を発症した人の死亡率は、6%~30%と言われています。

 

SFTSの薬はあるの?

ありません。

 

つづいてマダニに噛まれた時の対処法↓

 

とりあえず病院へ行こう

f:id:ai4106:20170530002510j:plain

マダニに噛まれていることに気が付いた時、そのダニの姿がグロテスクなのですぐに取りたくなるんですね。

 

でも無理に引き抜くとマダニの一部が皮膚に残り化膿したり、マダニの体液を逆流させてしまう恐れがあるので、皮膚科へ受診し処置(マダニの除去、洗浄など)をしてもらってください。

 

病院でも皮膚にしっかりくっついてるマダニを引き抜くのは大変です。ですので皮膚についているマダニをまずは殺し、そのあと引き抜きます。わりとあっさり取れます。

 

マダニを殺す方法・・・皮膚科の処置で結構流行ってるのが、マダニのお尻にマニキュアをぬる方法。マダニはお尻で呼吸する生き物で、マニキュアでも何でもいいけど速乾性の塗料などをお尻に塗ると窒息してほどなく死にます。

 

体調の変化に気をはらう

f:id:ai4106:20170530002524j:plain

マダニに咬まれた後、数週間程度は体調の変化に注意することが大事です。重症熱性血小板減少症候群を発症する可能性があるからです。もし発熱等の症状が認められた場合は病院を受診し事情を説明して下さい。

 

出された抗生剤を飲み切る

f:id:ai4106:20170530002537j:plain

マダニに噛まれた時、発熱など全身の症状がなければ抗生剤の処方だけで家に帰されます。その抗生剤はダニに噛まれたことによる化膿や他の病気の予防に役立ちますので飲み切るようにしてください。

 

噛まれた状況を思い出そう

f:id:ai4106:20170530002550j:plain

皮膚にマダニを発見したら、どこでマダニに噛まれたかを思い出しましょう。キャンプに行った時や草むしりをした時かもしれません。その状況とその時の服装を思い出しましょう。もし半ズボンで作業していたらそこからダニが侵入したかもしれません。ダニは何度でも繰り返しあなたを襲います。噛まれた時の状況、服装を思い出して2度とダニの被害に遭わないように対策をしましょう。

 

ダニ対策をしよう

f:id:ai4106:20170530002600j:plain

草むらなど、マダニが多く生息する場所に入る場合には、あらかじめ準備をしましょう。

 

・長袖、長ズボン、長靴が基本です

・足を完全に覆う靴を履きましょう(サンダル等は避けましょう)

・帽子、手袋を着用・首にタオルを巻く

(とにかく肌の露出を少なくすることが大事です)

・虫よけスプレーをする

(DEET(ディート)という成分を含む虫除け剤が良い)

・屋外での活動後は入浴し、マダニに刺されていないか確認して下さい。

(背中、わきの下、足の付け根、手首、ヒザ裏、ムネ下、頭部など見つけにくいところに隠れていることがあります)

 

まとめと恐怖動画。 

いかがでしたか?今回はマダニから身を守る方法をまとめてみました。

春先から夏にかけてはほんと患者さん多いので、皆さんも気をつけて下さいね。

最後に血を吸って巨大化したマダニの動く姿をご覧ください(動画がうまく再生されるかわかりません。動かなかったらごめんなさい)↓