読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

【ハチミツ(ボツリヌス菌)だけじゃない】赤ちゃんに食べさせてはいけない食材一覧。アレルギー・窒息・中毒対策

 

f:id:ai4106:20170408145153j:plain

 

こんにちは~うさぎです。 

乳児にはちみつを与えて国内初の死亡者が出てしまいました。

 

 

 

未だにその親を批判するコメントがありますが、それはおかしいと思ったので記事にしてます↓ 

www.100made.info

 

 

それで、同じことを繰り返さないように、今回は

 

赤ちゃんが食べさせることができないもの、注意が必要なもの

 

をまとめました。

 

 

窒息の危険がある食べ物はこれ!

 

 

・小さくて丸いのもの

 

f:id:ai4106:20170408144114j:plain

 

ピーナツ、アメ、豆、プチトマトなど

 

※はウチは3歳の子供がいるけど、今だに緊張しながら与えています。

 


・かみ切りにくいもの、ねちょねちょしたもの 

 

f:id:ai4106:20170408144602j:plain

 

 おもち、マシュマロ、こんにゃくゼリー、寒天、のりなど

 

※これは窒息事故が毎年起きてますよね。のりは意外に危ない。子供も大人も注意が必要。

 

 

中毒・食中毒を起こす危険のある食べ物はコレ!

 

・はちみつ、黒砂糖

 

f:id:ai4106:20170408144642j:plain

 

これらはボツリヌス菌が入ってる可能性がありますから食べてはいけません。はちみつは国内で死亡事故が発生しています。黒砂糖も乳児ボツリヌス症が発生した症例があります。避けて下さい。

 

 

・お刺身など生もの

 

f:id:ai4106:20170408144619j:plain

 

お刺身は食中毒の危険があります。赤ちゃんはまだ消化器官が未熟です。産まれた時は腸内細菌ゼロって知ってます?

 

1年未満はまだまだ腸内細菌、腸内のカベも未熟なので少しの悪い菌・ウイルスでも食中毒になる危険があります。お刺身を与える目安は3才すぎてから。

 

 

初めて食べる時に特に注意を要するもの

 


・卵、乳製品、小麦類

 

f:id:ai4106:20170408144651j:plain

 

食べることはできるが、初めて食べる時には、少量から食べさせて下さい。
数回食べてみて、湿疹や赤み(多くはコレ)、咳が出る、苦しそう、下痢、嘔吐などの反応をみて下さい。

 

これらの症状が出なければ取りあえずはアレルギーは無いとわかりますので継続して食べさせることができます。

 

もちろん卵は生ではなく加熱したものを食べさせます。 

 

 

・おそば、ピーナツ、イカ、エビ、タコ、カニ

 

f:id:ai4106:20170408144701j:plain

 

そばアレルギー、カニアレルギーって聞いたことありますか?食べた人が呼吸困難になったりするアレルギー反応です。食材により強くアレルギーが出やすいものがあるんですが、上の6つがその代表例です。乳児には与えないで下さい。

 

 

乳児へ食事を与える際の注意全般

 

 

乳児に食事を与える際の一般的な注意をまとめておきますね。

 


・食事中は常に観察、食後も注意する(ママも同時に食べる時は特に注意!)。

 

・どんな食材も、初めて食べさせるのはほんの少し(1日にスプーン1杯)からにしておく。

 

・何でも加熱してる方が無難(食中毒対策)

 

・複数の大人がいる場面で食べさせる(救急車を呼んだり、背中を叩いたり、運転したり、助けを呼んだり、ネットで調べたりなど手分けができます。)

 

※私は日中に「初めて食材」を実験していました。病院がやってるからね(笑)

 

 

また気づいたことがあれば更新しますね。

 

 

 

 

※この記事がほんの少しでもお役に立ちましたら、シェアや読者登録で応援お願いします!