子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

「乳児ボツリヌス菌で国内初の死亡」は誰の責任?みんなの責任だと思う。

 

f:id:ai4106:20170407225520p:plain

こんにちは~うさぎです。

今回は乳児ボツリヌスの話。

 

 

「乳児ボツリヌス菌で国内初の死亡者」

 

 

 東京都は7日、足立区の生後6カ月の男児が乳児ボツリヌス症で死亡したと発表した。離乳食として与えられた蜂蜜が原因とみられ、都によると発症データのある1986年以降、国内で同症による死亡事例は初めて。


 男児は2月16日からせきや鼻水などを発症。その後、けいれんや呼吸不全を起こして救急搬送された。乳児ボツリヌス症と診断され、3月30日に死亡した。
 男児は1月中旬からの約1カ月間で1日平均2回、離乳食として蜂蜜を混ぜたジュースを飲んでいた。摂取量は1日10グラム程度と推定されるという。


 乳児ボツリヌス症は、1歳未満の乳児が口からボツリヌス菌を摂取して感染する。腸内で毒素が発生し、便秘や筋力の低下などの症状が出るが、死亡するのはまれ。都は1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう注意喚起している。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6235873

 

 

「 1歳未満の子供にハチミツを与えてボツリヌス菌に感染し、乳児が死亡した。」

 

 

この事件で、

 

 

「1歳まではハチミツを与えない、は常識。親の勉強不足。」

 

「蜂蜜のボツリヌスが乳幼児には危険って常識だと思ってました」

 

「子育てを現役でしてる人が蜂蜜ダメって知らないって…びっくり。」

 

「母子手帳やネットでは当たり前の話で、甘いジュースに蜂蜜って…考えられない。」

 

 

ってな感じで叩かれています。これはいかがなものか。

私はそこの問題ではないと思う。

 

 

母親は20歳以上と推定できると思います。この女性とその夫が、

 

「1歳まではハチミツを与えない」

 

という知識に触れられなかった、身につかなかった。

ということが問題なんだと思います。

 

 

そもそも常識ってどうやって身に着くのでしょうか?親や友人、本、ネットなどで常識がだんだん備わってくると思いますが、常識が1000あるとしたら、そのうち1000全てわかってる人なんているんでしょうか?

 

 

私たちが常識だと思っていたことが下の世代に伝わってない、なんてこと良くあると思うんです。であるなら、今回のことで親の責任はもちろんですが、この事件を教訓にして私たち市民も自治体も国も動くべきだと思います。

 

 

思いつくまま、できることを挙げると、

 

 

・自分のまわりに妊婦さん、最近子供が産まれた方がいたら、このニュースをお話しして1歳未満にハチミツがダメってことを確認する

 

・ママになる方にハチミツとボツリヌス菌のことを伝えることを産科で必須にする。

 

・母子手帳の記載を目立つようにする

 

・ハチミツ入りの製品に大きく表示するのを義務付ける

 

 

私は看護師で、以前少しだけ産科にいたことがあって、産後入院中のママに栄養の確認をしたことがあったんですが、その時に

 

 

「1歳未満はハチミツはダメなんですよ。ボツリヌス菌ってゆう恐い菌がいることもあるからね。」

 

 

ってやんわり話していたと思うけど、これではダメだと思う。

 

 

・もうすでに知ってることだけどね、って恥ずかしさみたいな感情が入ってた。

 

・今回の出産が初めてではないママには明らかに手を抜いて説明していた。

 

 

 

今回の事件を受けて反省するとともに今後はもっと文言を強めにしたいと思います。

 

 

「1歳未満はハチミツは与えてはダメです。死亡事例もあります。」

 

 

に改めたいと思います。

 

 

タイトルにあるとおり、事件の責任は親にあるんだけど、私たちも国も自治体もメーカーも少しずつ責任を負って、できる範囲でより広い世代に伝えていくべきだと考えます。

 

 

ちなみに

 

「ハチミツ 離乳食」

 

で検索するとレシピがたくさん出てきます(クックパッドとかね)。離乳食で与えてはいけないはずのハチミツのレシピが、ネット検索で簡単に大量に出てくる。おそらく100個以上は出てくるでしょう。まさに社会が乳児を危険にさらしていてる。

 

親を責める前に一緒に考えていただきたい問題だと思います。

 

 

 

今回の事件を受けて、赤ちゃんに与えてはいけない食材をまとめました。

ここに書いてあることすべてが身に着けたい「常識」です↓ 

www.100made.info

 

 

※この記事がほんの少しでもお役に立ちましたら、シェアや読者登録で応援お願いします!