読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

【美人栄養士直伝!】ヒドイ貧血を予防・改善する食事術。失敗しないコツ教えます。

f:id:ai4106:20170405182906p:plain

 

こんにちは~うさぎです。

今回は貧血(鉄欠乏性貧血)の話。

 

 

 

「ドバーーーーーーー!!!!!」 

f:id:ai4106:20170405081248p:plain

 

 

「ああ、今回もまた多い。。」

 

 

私は生理の時の血の量が多い(リアルですいません)。

もうこれは学生時代からずっと続きます。

だからすぐ貧血を起こしていました。貧血女子ですね。

(※数年前の私のヘモグロビン値 9.3~9.5 ←けっこう低くてヤバイ)

 

 

でもね、幸い私はナースになり、病院勤めだから職場に栄養士がいるんですね。

今回は、気立てのいい美人栄養士Aさん(2児の母)から教わった貧血改善術をシェアしたいと思います。 

f:id:ai4106:20170405182916p:plain

※イメージ(でもホントこんな感じの人) 

 

 

コツは3つだけなので覚えるのもカンタンです。

しかも効果は私で実験済です。実践してほんの1か月半で、赤血球の値が改善してきて(先生に褒められた)、今では常に正常値になっています。

 (※ヘモグロビン値 11台 ←正常値 )

 

 

ではさっそくいきたいと思います。

 

コツその1 鉄の吸収率を知るべし!

 

f:id:ai4106:20170405081338p:plain

貧血には鉄分を摂れば良い!!(←鉄欠乏性貧血の人)

 

 

そのとおりなんですが、鉄分を含む食品って色々ありますよね?

レバー、ホウレンソウ、貝類、大豆、ココア、ひじきとかですね。

 

 

食品に含まれる鉄には2種類あって

 

 

・吸収しやすい鉄

 

・吸収しにくい鉄

 

 

が存在する。

どうせ食べるなら吸収しやすい鉄を摂りたいもの。ですのでAさんはまずこの区別をしてくれました。

 

 

・体に吸収しやすい鉄を含む食品(吸収率15~25%)

 

ブタ・牛・鶏の肉

f:id:ai4106:20170405122439p:plain

 

 

レバーなどの内臓

f:id:ai4106:20170405081400p:plain

 

 

青背の魚(カツオ・イワシ・マグロ)

f:id:ai4106:20170405122454p:plain

 

 

 

・体に吸収しにくい鉄を含む食品(吸収率2~5%)←低!!

 

貝類(しじみ・あさり)

f:id:ai4106:20170405124207j:plain

 

 

豆類(大豆・小豆・ココア)

f:id:ai4106:20170405124220j:plain

 

 

野菜(ほうれん草・小松菜)

f:id:ai4106:20170405124226j:plain

 

 

海藻類(ひじき・海苔)

f:id:ai4106:20170405124258j:plain

 

 

 

つまり、貧血を治そうとしてほうれん草をもりもり食べるよりも、お刺身を食べる方が効率的ということです。

 

 

 

コツその2 タンパク質も摂りましょう!

 

貧血を治す方法 = 鉄分を摂る

 

これは公式のようになってますが、私も長年そう信じてきましたが、それだけではないんですね。貧血は赤血球が少ない状態。赤血球はたんぱく質と鉄で出来ています。

 

貧血 = 赤血球が少ない状態

 

赤血球 = たんぱく質 + 鉄

 

ですので、

 

貧血を治すには、鉄分だけでなくたんぱく質を摂りましょう!

 

 

 

たんぱく質を多く含む食品

 

 

f:id:ai4106:20170405123831j:plain

 

 

f:id:ai4106:20170405122454p:plain

 

 

f:id:ai4106:20170405122439p:plain

 

 

お豆腐 

f:id:ai4106:20170405123750p:plain

 

 

 

1日に摂りたいたんぱく質は成人で、

 

卵1個 + 魚1きれ + 肉1きれ(80g) + 豆腐半丁

 

が、目安となります。

 

 

コツその3 酸味を積極的に摂りましょう!

 

ビタミンCは鉄分の吸収を良くする

 

これは聞いたことあるかもしれません。私もそう思ってました。で、栄養士Aさんによると、ビタミンCでなくても酸っぱければ何でも良いそうなんです。酸味が鉄分の吸収を良くするそうです。

 

 

鉄分(食事)と一緒に摂りたいもの

 

 

かんきつ類

f:id:ai4106:20170405123421j:plain

 

 

梅干し

f:id:ai4106:20170405123407j:plain

 

 

お酢 

f:id:ai4106:20170405123348j:plain

 

 

 

一番大事なこと

 

今回のまとめです。

 

1 鉄分を摂るなら動物・魚を食べよう!

 

2 鉄だけでなくたんぱく質も十分に摂りましょう!

 

3 食事と一緒に酸っぱいものを食べよう!

 

 

私はこの3つを守って貧血を予防しています。

そして栄養士Aさんから教わった一番大事なことをお伝えしたいと思います。

それは、

 

 

継続すること。

 

 

Aさんは私みたいな貧血女子に栄養指導をするんですが、食事だけで改善する人はほとんどいないそうです。その理由は

 

 

食事療法を途中で辞めてしまう。

 

 

鉄分の多いもの、たんぱく質の多い食品を指導しても、それが習慣化する前にやめてしまう。だから一時的に貧血が改善してもすぐ元にもどってしまう。

 

 

なので貧血を改善する最大のコツは

 

 

無理なく継続するためにはどうすれば良いかを考える

 

 

で、Aさんにアドバイスを受けて私がとった行動は、

 

 

大好きな生牡蠣にレモンをしぼって食べること

f:id:ai4106:20170405131106j:plain

 

これは続きます。大好物だから。週1では足りない、冬牡蠣、夏牡蠣の時期は確実に週2~週3は食べますね。逆にやめられません。

おかげさまで毎月大量出血な私も、ここ数年貧血は起こしていません。

 

※補足⇒産後すぐにすごい貧血になったけど、それ抜きで普段の状態で貧血はありません。

 

 

今回は貧血を改善する食事術を紹介しました。知るのと実践するのでは大違いですので、皆さんも出来そうなことを見つけて早速今日から試してみて下さいね。

 

 

ちなみに貧血を改善するのに、薬でも食事でも(鉄分が体に十分貯まるまでに)3か月はかかるそうです。1~2週間頑張ったところで効果はそれほど出ませんので、ご自身の継続しやすい方法で実践してみて下さいね。

 

 

継続が大事

 

 

何でもそうなんだなあ、ってつくづく思います。私のブログも継続するようにがんばります(笑)

 

 

ではまた次回!