読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

あなたに最適な漢方薬の選び方【花粉症編】

 

 

花粉症に効く漢方薬の選び方 

 f:id:ai4106:20170301175038p:plain

 

こんにちは~うさぎです。

今回は花粉症に効く漢方薬の選び方の話。

 

 

花粉症の漢方薬の選び方でネット検索すると、

 

 

普通の人は、小青竜湯

f:id:ai4106:20170228124257p:plain

 

高齢者は、麻黄附子細辛湯

f:id:ai4106:20170228124305p:plain

 

鼻づまりは、葛根湯加川きゅう辛夷 

f:id:ai4106:20170228124313p:plain

 

こんな感じで書いてると思います。どこのサイトも同じような内容なので、うちの薬剤師(だんな)に感想を聞いてみました。

 

 

うさぎ「ねえねえ、花粉症に効く漢方薬って、

 

普通の人は、小青竜湯

高齢者は、麻黄附子細辛湯

鼻づまりは、葛根湯加川きゅう辛夷

 

で合ってる?」

 

 

薬「漢方薬をちゃんと勉強してる病院の先生や薬剤師さんは、こんなことはしない。」

 

 

うさぎ「だよねえ。先生や薬剤師さんは、実際はどんな選び方をしてるの?」

 

普通の人は、小青竜湯

高齢者は、麻黄附子細辛湯

鼻づまりは、葛根湯加川きゅう辛夷

 

うさぎ「こんな選び方おかしいよね。こんな簡単に選べるなら医者や薬剤師は要らないでしょ。」

 

 

薬「そうね。あなたけっこう毒吐いてますけどそれは置いといて、花粉症の漢方薬の選び方なんだけど、まず花粉症に効く漢方薬

 

 

普通の人は、小青竜湯

高齢者は、麻黄附子細辛湯

鼻づまりは、葛根湯加川きゅう辛夷

 

 

これらすべて使えない人がいます。

 

 

うさぎ「誰?どんな人?」

 

 

薬「3種類の漢方薬に共通して入ってる麻黄(まおう)という生薬。これは交感神経を活性化します。」

 

f:id:ai4106:20170301173417p:plain

※麻黄(まおう)

 

 

※交感神経とは、

運動時や興奮時にはたらく神経。交換神経が活性化すると、心臓がドキドキしたり、汗が出たりする。このような、体を活発に活動させる時にはたらく神経が交感神経です。

 f:id:ai4106:20170301173841p:plain

 

 

うさぎ「そうね、交感神経は知ってる。」

 

 

薬「麻黄は交感神経を活性化するので、

 

 

普通の人は、小青竜湯

高齢者は、麻黄附子細辛湯

鼻づまりは、葛根湯加川きゅう辛夷

 

 

これらの漢方薬を使えない人は、

 

 

血圧が高い人(麻黄を飲むと血圧がもっと上がる)

f:id:ai4106:20170228235658p:plain

 

 

不眠症の人(麻黄を飲むと不眠が悪化する)

f:id:ai4106:20170228235720p:plain

 

 

胃が極端に弱い人(麻黄は胃に刺激がある)

f:id:ai4106:20170228235746p:plain

 

 

このような方には通常使いません。」

 

 

うさぎ「なるほど。そしたら血圧の高い人とかはどうしたら良いの?」

 

 

薬「花粉症の治療に無理に漢方薬は使用せず、アレグラ・アレロック・クラリチン・アレジオンといった西洋薬で対処します。」

 

f:id:ai4106:20170219134615p:plain

※アレグラ

 

 

うさぎ「ああ、そうか。わざわざリスクのある漢方薬を選ばなくても良いもんね。西洋薬で対処か。」

 

 

薬「それから、誰々にこの漢方、ってゆうのは目安で、本当はもうちょっと対象を絞れます。」

 

 

漢方薬は複数の病気・症状にアプローチする

 

薬「漢方薬は作用がひとつではなく、色々な症状を改善するので、目的に合わせて選ぶことができます。」 

 

 

それぞれの特徴

 

小青竜湯・・・鼻水を止めて、水分をおしっことして出す。

麻黄附子細辛湯・・・鼻水を止めて、体を温める。

葛根湯加川きゅう辛夷・・・鼻水を止めて、たまった膿を出す。

 

 

薬「つまり、どれでも鼻水は止めるけど、その先ですよね。水分代謝を良くするのか、冷えを解消するのか、膿を出したいのか。」

 

 

花粉症であり、 

 

むくみなど水分の代謝が悪いなら ⇒ 小青竜湯

f:id:ai4106:20170301000049p:plain

 

 

 

花粉症であり、 

 

体が冷えやすいなら ⇒ 麻黄附子細辛湯

f:id:ai4106:20170301000111p:plain

 

 

 

花粉症であり、

 

鼻がつまりやすい、またはちくのう体質なら ⇒ 葛根湯加川きゅう辛夷

f:id:ai4106:20170301000126p:plain

 

 

 

うさぎ「私の場合は、花粉症で、冷え性だから麻黄附子細辛湯だね。」

 

f:id:ai4106:20170228124305p:plain

 

 

薬「そう。そんな感じで大丈夫です。」

 

 

 

皆さんも参考にしてみて下さいね。漢方薬を選ぶコツは、花粉症のくしゃみ・鼻水に、他の改善したい症状を把握しておくと良いそうです。

 

 

 

始めに紹介した、

 

普通の人は、小青竜湯

高齢者は、麻黄附子細辛湯

鼻づまりは、葛根湯加川きゅう辛夷

 

これは一体何なんでしょうか、選ぶ漢方薬を間違えてしまいそう。

だんなによると、おそらく漢方薬のことを何も知らない人が、本か何かの知識だけでサイトを作ってるとのことです。でもサイトを見る側はそれを区別できませんよね、一体どうしたら良いのだろうか・・・(T_T)

 

 

 

↓花粉症の関連記事↓花粉症のメリットについての記事です。 

www.100made.info

 

 

 

ではまた次回!