子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

一番早く効く頭痛薬はどれ?効くまでの速さと持続時間まとめ【ロキソニン・イブ・バファリン他】

今回は頭痛薬の話。

 

頭痛に悩まされている方は、ひとつやふたつ自分の好きな頭痛薬があると思います。イブ、ノーシン、ロキソニンなどが人気だと思いますが、頭痛薬に求める条件として効くまでの速さは大事だと思います。

 

そこで今回は、早く効く頭痛薬はどれか?その調査をしてみました。紹介したものの中に、いつもあなたが飲んでる薬があるかもしれません。そしてあなたが普段から飲んでる薬以上に早く効く薬があるかもしれませんのでチェックしてみて下さいね。

 

※この記事の構成は

成分名

成分の特徴など

おもな販売薬

効果が出るまでの時間

効果持続時間

このような形で紹介しています。

 

目次

 

アスピリン

古くから使われている代表的な解熱鎮痛薬のひとつ。その昔はやなぎの樹皮が原料だった。消炎・解熱・鎮痛作用の他に血液サラサラ作用もある。

古くから使われているので効果の実績、安全性などのデータはたくさんあるが、胃痛などの消化器への副作用が多い。食後服用で、胃腸への副作用は回避できる。

 

f:id:ai4106:20170611235959p:plain

※バファリンA

 

f:id:ai4106:20170716122225p:plain

※ケロリン

 

f:id:ai4106:20170716122245p:plain

※バイエルアスピリン

 

f:id:ai4106:20170716122257p:plain

※エキセドリン

 

アスピリンは、

服用後、20~30分以内に効き始める。

5~6時間は効果が持続すると考えられています。

 

イブプロフェン

市販薬イブの主成分。鎮痛効果が高く、安全性も高いことから人気がある。他の痛み止めでは効きにくい生理痛などにもよく効く。低用量を長期に服用することでアルツハイマーの予防効果が研究されている。

 

f:id:ai4106:20170716122357p:plain

※イブA

 

f:id:ai4106:20170716122406p:plain

※イブクイック

 

f:id:ai4106:20170716122422p:plain

※リングルアイビー

 

f:id:ai4106:20170716122414p:plain

※ナロンエース

 

イブプロフェンは、

服用後、1~2時間以内に効き始める。

4~6時間程度効果が持続すると考えられます。

 

ロキソプロフェン

効果が高く、胃腸への副作用が少ない解熱鎮痛剤。服用後、体内で解熱鎮痛効果のある薬に変化し効果を発揮する(プロドラッグと言われる)

 

f:id:ai4106:20170716122322p:plain

※ロキソニンS

 

f:id:ai4106:20170716122330p:plain

※ロキソニンSプラス

 

ロキソプロフェンは、

服用後、15~30分以内に効き始める。

4~6時間は効果が持続すると考えられます。

 

ジクロフェナク

NSAIDsと呼ばれる一般的な解熱鎮痛薬の中で一番強いとされる成分。痛み止めの効果は強いが、胃腸系の副作用も多いため市販はされていない(貼り薬などは市販されている)。

 

f:id:ai4106:20170716122341p:plain

※ボルタレン

 

f:id:ai4106:20170716122433p:plain

※ボルタレンサポ(坐薬)

 

ジクロフェナクナトリウムは、

服用後、30分以内に効き始める。

6~8時間は効果が持続すると考えられる。

坐薬もある。

 

アセトアミノフェン

生後半年から使える比較的安全な解熱鎮痛薬。通常量では痛みを取る効果は弱い。NSAIDsと呼ばれる一般的な解熱鎮痛薬と作用が異なるため、胃腸への副作用が少ない。

f:id:ai4106:20170630003232j:plain

※カロナール

 

f:id:ai4106:20170611235951p:plain

※タイレノール

 

アセトアミノフェンは、

服用後、30分以内に効き始める。

2~4時間は効果が持続すると考えられる。

 

まとめ

今回紹介した頭痛薬の中で、メーカーが公表しているデータベースですが、

 

一番早く効き始めるのは

ロキソニン

 

持続時間が長いのは

ボルタレン

 

でした。

 

これはあくまで単品での効果です。

 

「ロキソニンよりイブの方が効くよ!」

という方、そうです!その通りです。私もそう思います。

 

イブはおもに2種類の成分が入っていて、

痛みをとる成分イブプロフェン

と、

痛みをマヒさせるアリルイソプロピルアセチル尿素

が入ってるから効果発現が速いと思われます。

(だからって良いことばかりじゃないよ、依存性もあるよ・・)

 

頭痛薬イブの依存性について詳しい記事はこちら↓ 

www.100made.info

 

 

皆さんも色々試してみてくださいね。