子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

顔だけに出る蕁麻疹の原因とおすすめの対処法。

f:id:ai4106:20170622060607j:plain

子だくさんナースうさぎです。

今回は顔だけに出る蕁麻疹(じんましん)について。

 

※蕁麻疹とは・・皮膚に現れる赤い発疹。蚊に刺されたようにふくれます。円型や輪状、地図状などの形で出現します。多くのものは1時間以内でなくなり、跡も残らないのが特徴です。

 

うちの病院の皮膚科にかかる患者さんで、大きなサングラスとマスクをした女性が受診することがあります。化粧品にかぶれたりする他、顔に蕁麻疹が出て急いで受診する方も近年多くなっています。

 

男女問わず、受付など接客の仕事をしている場合、顔に出る蕁麻疹は深刻です。お客さんが「この人どうしたの?」って驚きますからね。

 

そこで今回は顔に蕁麻疹が出る原因と対処法を紹介したいと思います。

 

目次

 

顔に蕁麻疹が出る理由

f:id:ai4106:20170622060623j:plain

どうして顔に蕁麻疹が出るのでしょうか?

 

蕁麻疹の原因は、皮ふ表面や皮ふ組織から「ヒスタミン」という化学物質が出ることによります。ヒスタミンが赤みやかゆみ、腫れを引き起こします。

 

ですので顔に蕁麻疹が出るということは、何らかの顔への刺激があるということです。

 

顔への刺激の例

f:id:ai4106:20170622061056j:plain

顔への刺激で蕁麻疹が出る、その刺激の例を挙げてみますね。

 

化粧品の刺激

掻いたりひっかいたりしたことによる刺激

乾燥による刺激

紫外線による刺激

温度による刺激

 

通常、これらの刺激により、皮ふから化学物質ヒスタミンが放出され、赤みかゆみを伴う蕁麻疹が顔に出現します。その他にはアルコールを飲んだ後に出現する、緊張した時に出現する方もいます。

 

外部からの刺激で、ある特定の原因が判明している場合、一定期間その刺激を避けることが一番の対処法になります。

 

続いていち早く症状をとる方法について。

 

顔に蕁麻疹が出た時の対処法

f:id:ai4106:20170622061317j:plain

蕁麻疹は一度出てしまうと、治まるまでに数十分はかかるものです。それをなるべく早く治めるための対処法を紹介したいと思います。

 

冷やす

⇒タオルを水で濡らし、軽くしぼってから患部を冷やしてください。手元に薬など何もない場合、これが一番早いと思います。患部を冷やすとかゆみも治まりますし、赤みや腫れも取りあえず治まりやすくなります。

 

安静にする

⇒蕁麻疹は血行が良くなると悪化する傾向がありますので、蕁麻疹を早く治めるのに安静も大事です。

 

コーヒー・アルコールを飲まない、刺激物を食べない

⇒血行が良くなると蕁麻疹が悪化しやすいものです。血行が良くなるアルコールなどの飲み物、唐辛子などの食べ物は控えるようにしましょう。

 

手元に液体ムヒがあったらラッキー!

⇒液体ムヒにはごく弱いステロイド、かゆみ止めが含まれています。顔を冷やしたり安静にしても、どうしても赤みかゆみが取れない時は、液体ムヒをその患部だけにチョンチョンとつけてみましょう。速やかに赤みやかゆみなどの症状が治まるはずです。

f:id:ai4106:20170622062200p:plain

ちなみにナースうさぎも顔に蕁麻疹が出ることがあります。液体ムヒを常時カバンに忍ばせております(^∇^)

 

顔に蕁麻疹が再発しないようにする方法

f:id:ai4106:20170622061405j:plain

接客など、お客様と接する機会のあるお仕事をされている場合、顔に出る蕁麻疹は深刻な問題です。私もよく患者さん(女性がほとんど)から相談されます。マスクをして隠しても良いですが、それもできない職場もありますよね。ですので、蕁麻疹が出ないようにするちょっとした工夫を紹介したいと思います。

 

とりあえず皮膚科を受診する

⇒市販薬でもアレルギーの薬はありますが、病院で処方してもらう薬は効果や安全性で優れています。仕事が休めるなら皮膚科を受診し、蕁麻疹の薬をもらっておきましょう。

 

薬を毎日飲む

⇒蕁麻疹を再発させないために、薬(アレルギーの薬)を切らさないことが大切です。蕁麻疹は多くの場合、1度で終わらず繰り返すものです。しばらく蕁麻疹が出なくても毎日薬を飲み続けるようにしましょう。

 

薬を携帯する

⇒蕁麻疹はいつでるのか予想がつきません。いつ蕁麻疹が出ても良いように常にアレルギーの薬を携帯しておきましょう。

普段用に飲む薬、ひどく出た時にだけ飲む薬、などと状況に応じた薬を出してくれる病院もあります。

ちなみに私はアレルギーの薬で、水なしで飲めるもの(一般的にOD錠と言われる)を先生に処方してもらっています。

 

ナースうさぎおすすめの薬

 

処方薬で私のおすすめは、

 

f:id:ai4106:20170622060229p:plain

「クラリチンレディタブ錠」

 

中身は硬さが全くなくて、ホワホワしています。

f:id:ai4106:20170622060325p:plain

 

クラリチンレディタブ錠は、アレグラやアレジオンといったアレルギーを抑える薬ですが、錠剤を口に入れるとサッと溶けます。薬を飲んだ感じがしません。飲むのに水は要りません。ちょっと甘くてミントの香りがします。眠気もほとんどないし、1日1回飲めばずっと効くのでかなりおすすめです。

  

ちなみにクラリチンという薬は市販もされていますが、蕁麻疹には使えないことになっています。市販のクラリチンは鼻炎用です(市販薬も処方薬も中身は同じなのに理不尽なものです)。

f:id:ai4106:20170604131227p:plain

※市販薬クラリチン

 

 

いかがでしたか?今回は顔に出る蕁麻疹についてまとめました。蕁麻疹ってほんとにいつ出るかわかりませんよね。私は飲み薬と塗り薬、常にカバンに入れて、いつ蕁麻疹が出ても対処できるようにしています。皆さんも薬など事前の準備をしっかりお願いしますね。