子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

あなたがひどい腰痛なら、私は迷わずこの布団乾燥機をおすすめする。

f:id:ai4106:20170610111616j:plain

子だくさんナースうさぎです。

今回は腰痛の話。

 

うちの家族は、大人を中心に腰痛に悩んでおります。大家族なので、米や水など毎日の消費物を運ぶのに、腰にかなりの負担があると思います。

 

加えて結構な腰への負担になっているのが

布団を干すこと

 

布団を干すのって腰にくるんですね。それで、布団を干す代わりに雨や曇りの時に布団乾燥機を使っていたのですが、重くてうるさくて、押し入れにしまい込んでいました。

 

最近、布団乾燥機が食パンぐらいに小型化した、というウワサを聞きつけ、このたび新しく購入したのでそのレビューをしたいと思います。

 

目次

 

以前の布団乾燥機はこんな感じ

新しく買った布団乾燥機の紹介の前に今まで使っていたものの紹介

f:id:ai4106:20170703000535p:plain

※参考画像

敷布団と掛け布団の間にマットを敷いて膨らませるタイプ

重量は3kg以上

大きさは中程度のリュックぐらい(まあまあ大きい)

音がうるさい

マットを掛け布団と敷布団の間に敷いてスイッチON(セットに約1分かかる)

 

重くて、大きくて、面倒くさくていいとこなしでした。

 

 

新しく購入した布団乾燥機

今回新しく購入した布団乾燥機は

f:id:ai4106:20170703000913p:plain

※アイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエ

マットはなくて、ホースを布団に突っ込むタイプ

重量は1.8kg

大きさは食パンと言うより、ケロッグの箱くらい(コンパクト!)

音は普通

布団にホースを入れ、スイッチON!(5秒でセット完了)

 

労力が5分の1程度に減少

古い布団乾燥機を使っていた時は

 

3kgの乾燥機を出してくる

敷布団と掛け布団の間にマットをセット

1時間乾燥

マットを回収

3kgの乾燥機を移動

 

これを9人分繰り返していたわけです。

 

新しい布団乾燥機だと

 

1.8kgの乾燥機を出してくる

布団にホース突っ込む

1時間乾燥

1.8kgの乾燥機を移動

 

私の表現技術が乏しくて伝わりにくいですが、

重量が3kgから1.8kgになったことで移動が超ラクになった

マット(ふくらます部分)がなくなり、セット時間が10秒以内になった

 

この2点で9人分の布団乾燥の労力が5分の1以下になったと思います。

 

体の変化

今回は布団乾燥機を買い替えて快適!という記事だったんですが、一番良かったのは、

家族の腰痛がなくなった

これに尽きます。

 

新しい布団乾燥機を買ってから、布団を干す頻度が減り、腰痛が気にならない程度に改善しました。9人分の布団乾燥業務も面倒臭さがなく快適です。

 

そもそも布団乾燥機を使ったことのない方がいるかもしれません。布団を干すよりずっと楽です。うちのような大家族だけでなく、

ひどい腰痛もちの方

高齢者世帯

単身で仕事が忙しい方

花粉症などがあり布団が屋外に干せない方

このような方にも一度布団乾燥機を使っていただきたいです。

 

最近の布団乾燥機は良くできてて、まるで天日干しのように布団がカラッからになるし、何より布団にに入った時の香りや新鮮さ感が病みつきになります。

 

布団乾燥機は日立やパナソニック、三菱なども出してるんですが、今のところアイリスオーヤマの製品が1番だと思います。

 

各社製品の大きさや重さの違いは大型の電気店でご体感下さい。私もヤマダ電機で実際に比較してみて大きさ重さの違いにびっくりしました。アイリスのやつは軽くてコンパクトで省エネ(1時間あたりの電気代は14円)で凄いと思う。