子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

【痛み止め】ロキソニンとカロナールはどちらが強い?効果や副作用などの違いを比較してみた。

f:id:ai4106:20170630003136p:plain

子だくさんナースうさぎです。

今回はロキソニンとカロナールの違いについて。

 

ロキソニンとカロナール、どちらもメジャーな痛み止め、熱さましの薬なので皆さんご存知かもしれません。それで、この2つの薬の違いを知っていると、飲むときに役に立つと思いますので記事にしてみました。

 

目次

 

どちらが強いのか?

f:id:ai4106:20170702120801j:plain

痛み止めの強さ、熱を下げる強さ、これは重要です。

 

強いのは・・・

 

ロキソニン!

f:id:ai4106:20170629032959j:plain

それを証明する数字がないので申し訳ないですが、ロキソニンの方が痛みや熱を取るチカラが強いです。

 

カロナールは弱い~中程度の痛みや発熱に

ロキソニンは中~強い痛みや高熱に

 

という使い分けでよろしいと思います。

※近年はこの認識が徐々に変わりつつあります。最後にその理由を記載しています。

 

効果の速さは?

f:id:ai4106:20170702120907j:plain

痛みをとる速さ、熱を下げる速さ、これも重要です。

 

効果の速さのは・・・

 

同じくらい!

f:id:ai4106:20170630003136p:plain

 

各添付文書などのデータによると

ロキソニンは20分程度で効き始める

カロナールは4割の方が15分以内、7割の方が30分以内に効き始める

 

速く痛みを取りたい、熱を下げたいって時にロキソニンとカロナールではあまり差がなく、どちらを飲んでも同じということになると思います。

 

副作用が多いのは?

f:id:ai4106:20170702120923j:plain

効果とともに気になるのが副作用の頻度です。

 

副作用が多いのは・・・ 

不明!!!(>_<)

 

 

副作用発現の頻度は

ロキソニンの副作用は3%

カロナールの副作用は調査データなし(おいおい。。)

 

ロキソニンは1万人以上に大規模な調査をしている一方で、カロナールは50~60人しか調査を行っておらず、副作用の頻度のデータがないんですね。

 

何となくだけど、カロナールの方が体に優しいとお考えの方、その認識で合っています。

 

ちなみに副作用が出ると考えられる体の部位には違いがあります。

ロキソニンは胃腸や腎臓に負担がある

カロナールは肝臓に負担がある(←大量長期服用で)

 

薬が体のどこに効くのか?

f:id:ai4106:20170702120937j:plain

作用の強さに違いをもたらしているのは薬の作用部位です。

 

ロキソニンは炎症部位(体中どこでも)に作用する

カロナールは脳(視床下部・大脳皮質)に作用する

 

ロキソニンは痛み・熱のある部位どこへでも行って作用します。カロナールは作用部位が脳に限定されていると考えられています。

 

この作用の違いにより、

作用が強く、副作用も多いのはロキソニン

作用が優しめで、副作用も少ないのがカロナール

と考えられます。

 

何歳から飲める?

f:id:ai4106:20170702120953j:plain

子供は飲めるのか?何歳から飲めるのか?

 

その答えは・・・

ロキソニンは15歳以上で飲める

カロナールは生後半年から飲める 

 

 ロキソニンは副作用の頻度は3%と、それほど多くはありませんが、胃の刺激、腎臓への影響があり、内臓器官が未発達な子供には適していません。

 

一方カロナールはロキソニンと違う働きで痛みや熱をとり、子供への使用経験も多いことから、生後半年を越えていれば飲める薬です。

 

近年の新しい動き

f:id:ai4106:20170702120744j:plain

ここまでの比較で、

「痛みが強いから私はロキソニンでいいや」 

と思った方もいるかもしれません。

 

でも近年、カロナールの安全性と作用が見直され、カロナールの1日の飲める量が大幅に増やされました。頭痛や腰痛、リウマチなどの患者さんは、カロナールを大量に飲めるようになったんですね。

 

以前はせいぜい1日1500mgまでだったのが、現在では1日4000mgまで飲めることになっています(もちろん医師の指示によるので勝手な服用はダメですが)。

 

今までの強さの認識

ロキソニン >>> カロナール

 

今後の強さの認識

ロキソニン = カロナール大量服用

 

となっていくかもしれないですね。カロナールも大量に飲めばロキソニンの強さに匹敵すると。

 

現在、私の病院でも腰痛・神経痛など痛みの取れにくい病気に対してカロナールが大量処方されています。1日10錠とかですね。胃腸への副作用が少ないので医師も比較的処方しやすいようです。

 

 

いかがでしたか?今回はロキソニンとカロナールの痛み止めの比較をしてみました。それぞれメリットデメリットありますので、この記事を参考に痛み止めを選んでみて下さいね。