子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

なぜバファリンのパッケージに「アスピリン」と書いてないのか?薬剤師に聞いてみた。

f:id:ai4106:20170714182246p:plain 

今回は解熱鎮痛薬「バファリン」の成分表示について。

バファリン、飲んだことのある方も多いと思います。バファリンの主成分は「アスピリン」ですが、パッケージの箱に「アスピリン」って書いてないんですよ。その理由を薬剤師さんに聞いてみました。

 

目次

 

バファリンの箱の成分欄を見てみる

バファリンの中身は「アスピリン」という成分なんですが、

バファリンのパッケージの成分欄を見ると、

 

f:id:ai4106:20170617111115p:plain

 ※どこにも成分「アスピリン」の文字がありません。

 

その代わりに、

f:id:ai4106:20170617111237p:plain

 ※「アセチルサリチル酸」という表記が??

 

 

アセチルサリチル酸 = アスピリン

 

アスピリンの別名はアセチルサリチル酸。アスピリンとアセチルサリチル酸は同じものです。

どうしてメジャーな「アスピリン」という表記でなく、マイナーな成分名「アセチルサリチル酸」を箱に載せているんでしょうか?

 

バファリンの箱に「アスピリン」と書かない理由

 

なぜバファリンの箱に、メーカーが「アスピリン」と書かないか?

早速、だんな(薬剤師)に質問。

 

うさぎ「ねえ、何でバファリンの箱にアスピリンって書いてないの?」

 

薬「色々な説があるけどね。理由のひとつは、バファリンの箱にアスピリンと表記すると、

 

アスピリン = ピリン系薬剤

 

だと勘違いする人がいるから。」

 

※ピリン系薬剤

⇒解熱鎮痛薬の中の「ピリン系」という仲間。その系統の薬を飲むと体に湿疹が出たり、中には倒れたりする体質の人がいます。 そのため、ピリン系の薬は強い・副作用が強い、と考える人もいる。

 

↓ピリン系薬剤の例↓

 

f:id:ai4106:20170617111358p:plain

※サリドンA

 

f:id:ai4106:20170617111344p:plain

 ※セデス・ハイ

 

アスピリンがピリン系だと誤解されるとどうなるか?

 

うさぎ「なんでアスピリンをピリン系と勘違いしたらいけないの?」 

 

薬「それは色々と影響があるんですよ。」

 

熱や痛みがあり、バファリンを飲もうとする

もし、バファリンの成分欄に「アスピリン」と書いてあったら

「ん?アスピリンが入ってる?これはピリン系かな?」

「ピリン系は強いし、副作用も強いから、飲むのやめておこう」

  

薬「アスピリンをピリン系薬剤と勘違いして、バファリンを飲むのをためらう可能性があるでしょ。」

 

うさぎ「なるほど~」

 

子だくさんナースうさぎはこう考える

 

アスピリンと表記すると、ピリン系の薬と勘違いする人がいる。 

そーゆーケースは確かにあると思いますが、ドラッグストアで薬を選ぶ時、成分も一応見ると思うんですよ。

 

箱に書いてある成分を見て、 

アセチルサリチル酸・・・330mg

 って表記があったら、何だかわかりませんよね?

 

箱の成分欄に、 

アスピリン・・・330mg

とあれば、「そうか、この成分はアスピリンか!」

 

とすぐわかる方が良いですよね。だからメーカーに提案。

 

ライオンの人、こうしたらどうでしょうか?

バファリンの箱の成分欄に

 

アスピリン・・・330mg

※アスピリンはピリン系薬剤ではありません

 

このように記載して欲しい!

 

ちなみにバファリンのWEBサイトの表記は

f:id:ai4106:20170618135633p:plain

※緑のマーカーの文字に注目

 

ちゃんとアセチルサリチル酸(アスピリン)って書いてあるんですよ(笑)

 

ネットで堂々と「アスピリン」と表記しておいて、箱の成分欄には表記しないという。

メーカーの真意が知りたいものです。

 

皆さんはどう思われますか?