子だくさんナースの健康ブログ

健康メモ的ブログです。家族の健康を守るため、日々健康情報を収集しております。

【とびひを治す】おすすめの市販薬と治し方。絶対に使ってはいけない薬も紹介。

f:id:ai4106:20170807182343p:plain

今回は子供に多い皮膚病「とびひ」の治し方について。

 

子供に多いとびひ。うちの病院にも毎日患者さんが来ますけど、ほとんどが子供です。大人の割合は5%くらいです。とびひは湿疹などと違い、放置するとどんどん広がり悪化しますので、しっかり治したいものです。

 

f:id:ai4106:20170807165842p:plain

悪化したとびひの画像↑

出典:http://www.jocd.org/disease/disease_33.html

 

「とびひ」の病名は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」です。赤みの中に細菌がいて、それが感染します。自分にもうつるし、人にもうつります。保育園ではけっこう神経質になってるとこもありますね。プールの時など。

 

赤みが出る

掻く

その手で他の部位を触る

そこにとびひがうつる

 

って感じで体中にどんどん広がっていきます。とくに兄弟間でうつりやすいのでやっかいなんですね。

 

ちなみに

 

とびひ = 飛び火

f:id:ai4106:20170807181053p:plain

 

この病気の悪化の仕方が、火事の火の粉が「飛び火」してどんどん広がる様に似ているため、このとびひと言う俗名が付いています。

 

それで、このとびひになったら通常は「皮膚科へ行ってください!」言いたいところですが、そんなこと言っても土日だったり、どうしても皮膚科にかかれない方もいると思います。そんな方のために今回の記事を書きました。題して、

 

子供のとびひを家で治す方法(大人も効果あるよ)

 

目次

 

とびひのことを知る

f:id:ai4106:20170807181008p:plain

とびひを治す前に、とびひの起きるしくみを知っておきましょう。

とびひはどんどん広がってゆきますが、それを抑えるポイントは以下の4つです。

 

2種類のとびひを見極める

とびひに触れない

とびひを掻かかない

とびひの菌を殺菌する

 

とびひを悪化させないポイントはこれらの4つです。これらをひとつひとつ解決していくことでとびひの悪化を防ぐことができます。

 

それではくわしく解説していきます。

 

2種類のとびひを見極めよう

f:id:ai4106:20170807180953p:plain

とびひは赤い発疹なんですが、よくみるとそれぞれ感じが違います。とびひを大きく分けると2種類あって、見極めるポイントは

 

ただの赤み

じくじくした赤み(水分がある)

 

この見極めをしてください。水分っぽいのがあるか、ないか。水分っぽいのの中にとびひの菌がたくさん入ってますからこれに触れてはいけません(触れたら水洗いしましょう)。

 

ただの赤いとびひ ⇒ まだうつらない

水分っぽいジクジクとびひ ⇒ うつりやすい 

 

この違いを知っておいて下さい。

 

とびひに触れない方法

f:id:ai4106:20170807180825p:plain

じくじくした赤みのとびひはうつりやすいので、そこにはガーゼを当てましょう。滅菌でも普通のガーゼでも構いません。じくじくが他の部位に触れないように、手がいってもじくじくに触れないようにガードします。

 

とびひに何をぬるかは、後述します。

 

とびひを掻かない方法

f:id:ai4106:20170807180730p:plain

とびひは赤みやかゆみをともなう炎症ですので、掻いて悪化することも多々あります。ですからとびひになっている部分をかゆがっている場合はかゆみ止めを飲んでおいた方が良いでしょう。アレルギーの薬が家にあればそれを飲ませて下さい。

 

アレロック

アレグラ

ポララミン

アゼプチン

タリオン

クラリチン

 

といった薬です。

 

かゆみ止めの市販薬では、

 

f:id:ai4106:20170624112019p:plain

アレルギール錠

 

f:id:ai4106:20170624111947p:plain

レスタミン錠

 

こんな商品が良いと思います。

 

とびひの菌を殺菌する方法

f:id:ai4106:20170807180719p:plain

とびひは菌がうつっていく病気ですから、とびひを悪化させないためにはそれを殺菌する必要があります。菌を殺菌する方法は、

 

抗生剤の飲み薬を飲む

抗生剤のぬり薬を塗る

 

この2つの方法があるんですが、抗生剤の飲み薬は市販されていませんから、自宅でとびひを治す場合は抗生剤を塗ることになります。

 

以前、病院でもらったこんな薬があるなら試してみても良いでしょう。

f:id:ai4106:20170806112554p:plain

ゲンタシン軟膏。抗生剤が入っています。とびひに効きます。

 

抗生剤入りの市販薬では、

f:id:ai4106:20170806112629p:plain

ドルマイシン軟膏

 

f:id:ai4106:20170806112703p:plain

テラマイシン軟膏

 

これらがとびひの菌を殺菌する薬です。とびひに効きます。

 

さらに、ステロイドと抗菌剤の混合薬

 

f:id:ai4106:20170806112812p:plain

フルコートF

 

f:id:ai4106:20170806112640p:plain

テラ・コートリル

 

これらもとびひに効きます。とびひに使うことができます。

 

とびひに使ってはいけない薬

f:id:ai4106:20170807180622p:plain

とびひに使ってはいけない薬が存在します。

それは

 

ステロイド

 

とびひは細菌の病気です。ステロイドの塗り薬をとびひに塗っても菌は減らず、増殖し、悪化することがあります。

 

先ほどの

f:id:ai4106:20170806112812p:plain

フルコートF

 

f:id:ai4106:20170806112640p:plain

テラ・コートリル

 

これらもステロイド入りですが、抗生剤が配合されているので、とびひに使うことができます。

使ってはいけないのは、

 

抗生剤を含まないステロイドの塗り薬

 

これを覚えておいて下さい。

 

「抗生剤を含まないステロイドの塗り薬」とは、

f:id:ai4106:20170701121257p:plain

液体ムヒ

 

f:id:ai4106:20170807125023p:plain

ムヒアルファEX

 

f:id:ai4106:20170807125030p:plain

 メディクイック

 

これらの薬は、とびひには使えません。使ってはいけません。

 

ここで、液体ムヒの説明書を見てみましょう。

f:id:ai4106:20170807125156p:plain

 「してはいけないこと」の中に、(とびひのような)「化膿している患部」に使ってはいけませんとちゃんと表示があります。

 

とびひの治し方まとめ

 

今回はとびひの治し方を紹介しました。まとめておきますね。

 

その1 とびひを見極める ⇒ じくじくとびひはうつりやすい

 

その2 じくじくとびひはガード ⇒ ガーゼで物理的に覆いをします

 

その3 かゆい時は飲み薬 ⇒ アレルギーの薬を飲んで下さい

 

その4 とびひの菌を殺す ⇒ 抗生剤入りの塗り薬を使います

 

その5 注意 ⇒ 抗生剤を含まないステロイドの薬は、とびひには使えません

 

 

いかがでしたか?とびひを家で治す方法を解説しました。上の方法を試してもとびひが治まらない場合、病気の勢いが強いか、とびひではない可能性もありますので皮膚科を受診して下さいね。